信頼できる仕組み

ハードディスク

納得できるサービス

データ復旧を謳う業者に依頼する上で、企業としては業務効率が下がることは回避したいため、実績を確認すべきですが、その仕組みやサービス内容を知っておかなければ、データすら取り出せずに高額な作業費のみを支払うことになりかねません。事前に確認すべきは、復旧可能なデータリスト、見積書です。時間経過による作業の遅れと、復旧の可能性は決して比例しているワケでもありません。しかし、HDDの場合、水との相性が悪く、時間の経過によって復旧の可能性が下がる場合も無くはないので悪しからずです。復旧不可能な場合、法人対法人の間では、高額な作業費を請求される場合もありますが、優良業者の場合には成功報酬制を採用しています。復旧率よりもセキュリティーが万全であることのほうが法人の場合には重要でしょう。ですから、先に上げたように、明確な承諾がないのにHDDを開封してしまう業者も存在します。開封作業にはリスクが伴い、調査をした上で開封処置が必要なのかの判断ができます。優良業者によるサービスとしては、復旧可能なデータリストを確認できない場合には、その旨をしっかり伝えてくれます。復旧できるか曖昧なのに契約を迫ることはありません。ちなみに、復旧作業をどこで行うのかもポイントで、近年では、レンタル・バーチャル・自宅兼オフィスでの調査や作業を謳う業者もいます。しかしながら、優良業者は個人情報、機密情報が保存された精密機器を預かるため、第三者機関から認定されたセキュリティーで対応してくれます。